徳栄会について

理事長挨拶

園児たち

1976年個人立の保育舎もんもんを設立。15年後の1992年念願の社会福祉法人 徳栄会もんもん保育園へと母体を移しました。現在は苗・もんもん保育園、花・もんもん保育園、なでしこ児童クラブ、はなみず児童クラブと施設が成長してきました。
子育ての最終目的は一人ひとりの子どもの自律であり、自己肯定感の持てる人間を育てることです。将来、社会人として大切な役割を担えるような人になって欲しいと願って、自律に向けて子どもの心に寄り添いながら大きな愛で日々の保育を積み重ねております。
「3つ子の魂百まで」と昔から言われているように、乳幼児期は人間としての基礎を培う最も大切な時期です。あらゆる可能性を秘めている乳幼児期にできる限りの人的物的環境を整えて、一人ひとりの子どもが夢を叶えられるように、また自分の未来を信じられるように「聞く・見る・まねる」ことから始まり、よりよく考えて色々なことに自ら進んで挑戦できるように主体的な保育を展開していきます。
多様化が進む社会の中で保護者の方々のニーズに応えられるように支援してまいります。また、保育園は地域の子育て支援の拠点となる役割を期待されておりますので、その期待に応えられるように努力してまいります。

社会福祉法人 徳栄会
理事長・園長 金子玲子

沿革

遊具に上る男の子

平成4年4月、地元の方々と多くの関係者のご支援により、社会福祉法人徳栄会『もんもん保育園』が、平塚市花水台に誕生しました。
夜までやってる保育園として、神奈川県のモデル事業としてのスタートでした。
その後、平成14年7月乳児夜間保育園として「苗・もんもん保育園」が平塚市代官町に開園しました。
平成20年4月には場所を代官町の青柳公園前に移設し「苗・もんもん保育園」夜と「花・もんもん保育園」昼の併設園として生まれ変わりました。

その一方で卒園児の保護者や地域の方々の強い要望で放課後児童健全育成事業として平成12年4月に「なでしこ児童クラブ」、平成21年4月には「はなみず児童クラブ」、
平成29年4月に「すみれ児童クラブ」をそれぞれ開設しました。時代が大きく移り変わりゆく中で保育指針もその間、大きく時代が移り変わり保育指針も時代に添った指針となり
こどもたちの主体性を尊重する保育に変わっていきました。これからも社会福祉法人徳栄会の全職員は一人ひとりの大きな笑顔の花を咲かせていきます。

災害に対して・・・

海から近い場所でもあるため、津波地震避難訓練を月に1回平塚工科高校まで訓練をしています。平塚工科高校の学生に手伝ってもらいながら、校舎の4階まで避難する訓練も行っています。

 

情報公開

社会福祉法人徳栄会 定款

社会福祉法人徳栄会 定款[PDF]

計算書類(決算報告書)

平成29年度

財務諸表_

平成28年度

  1. 資金収支計算書(第一号第一様式)[PDF]
  2. 事業活動計算書(第二号第一様式)[PDF]
  3. 貸借対照表(第三号第一様式)[PDF]
  4. 監事監査報告書[PDF]

平成27年度

  1. 決算報告書[PDF]
  2. 現況報告書[PDF]

平成26年度

  1. 決算報告書[PDF]
  2. 現況報告書[PDF]
  3. 総括表[PDF]

平成25年度

  1. 決算報告書[PDF]
  2. 現況報告書[PDF]
  3. 総括表[PDF]

平成24年度

  1. 決算報告書[PDF]
  2. 総括表[PDF]

役員等名簿

平成29年度~

  1. 評議員[PDF]
  2. 理事・監事[PDF]
  3. 評議員選任・解任委員[PDF]

役員等報酬規程

役員等報酬規程[PDF]